What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

恥ずかしい死に方をした歴史上の人物9人

      2016/01/15

世の中には、馬鹿な行いによって死んでしまった人に与えられる、ダーウィン賞という不謹慎な賞がありますが、歴史上の有名人の中にもちょっと恥ずかしい理由で亡くなった人たちがいます。

残念な死に方をした歴史上の人物たち

  1. ジャック・ダニエル

    8a35100000000000

    ジャック・ダニエルジャックダニエルウィスキー創業者。ある日、非常にイライラしていた彼は、怒りに任せて金庫を蹴り上げ、大怪我を負ってしまいました。その後怪我した箇所が運悪く感染症をおこし、結局脚を切断せざるを得ませんでした。しかし感染症を押さえることが出来ず、結局壊疽による合併症で、1911年に亡くなりました。


  2. ハリー・フーディーニ4935100000000000

    ハリー・フーディーニは1926年当時、アメリカでもっとも有名なマジシャンでした。ある日、彼が楽屋でショーの準備をしていると、2人の大学生が彼に会いに、楽屋にやってきました。すると、そのうちの一人が、突然フーディーニの腹部に激しいパンチを何度も浴びせました。当時彼は、ショーの一環で、客にお腹にパンチをさせて耐える、という出し物していました。それを知っていた大学生は、フーディーニに会って、試してみたくなったのです。しかしこの出し物をする際、フーディーニは必ずお腹に力を入れて、パンチを受け止める準備をしなくてはいけませんでした。しかし大学生はあまりに突然パンチを浴びせたため、フーディーニは全く準備することが出来なかったのです。その日彼はショーに出演しましたが、腹部に強い痛みを感じていました。二日後、彼はまた別のショーに出演しましたが痛みが消えることはなく、盲腸破裂により亡くなってしまいました。


  3. テネシー・ウィリアムズ2935100000000000

    アメリカの劇作家、テネシー・ウィリアムズは、薬の蓋が喉に詰まって亡くなりました。薬を飲むためにビンの蓋を開け、口にくわえていたら謝って飲み込んでしまったのです。服用している薬の副作用で吐き出すことが出来なかったと言われています。


  4. フランシス・ベーコンba35100000000000

    16世紀末から17世紀にかけて活躍したイギリスの哲学者ですフランシス・ベーコン。彼は、鶏に雪を詰め込んだら保存できるか?という実験に雪の中で取り組み、それがもとで病気にかかり死んでしまいました。ちなみに実験は失敗に終わったそうです。



  5. スポンサーリンク

    336


  6. アイスキュロスf898100000000000
    アイスキュロスは、古代ギリシアの有名な悲劇詩人です。伝承によると、紀元前455年頃死んだとされていますが、その死に様が悲惨です。鷹が彼の禿げ頭を石だと勘違いし、カメを落としたため亡くなったと伝えられています。


  7. ドラコン9a35100000000000

    古代ギリシア時代に活躍した立法者ドラコンは、当時人々から尊敬されていました。紀元前7世紀ごろ、ドラコンは聴衆の前でスピーチをしました。スピーチが終わると、たくさんの聴衆が彼への畏敬の念を示すため、着ていたコートや帽子をステージに向けて投げ入れました。彼は投げ込まれた大量のコート類に埋もれて窒息死した、と伝えられています。


  8. フリードリヒ1世aa35100000000000

    十字軍の戦いで著名な戦果を収め、優秀な戦争司令官でもあった神聖ローマ帝国皇帝、フリードリヒ1世は、後世では英雄と言われていますが、死に方はなんとも無様です。彼は自軍の兵士たちに、行く先にある川は泳いで渡れるということを示すため、自ら率先して飛び込みました。しかし川に飛び込んですぐに溺れ、結局亡くなってしまったのです。


  9. アラン・ピンカートン6a35100000000000

    1800年代後半に活躍したアメリカの探偵アラン・ピカートン(写真左)は、舌を噛んでしまったことが原因で起きた感染症によって亡くなりました。写真はアブラハム・リンカーン(中央)と共に写真に写るピカートンです。


  10. アドルフ・フレドリク5a35100000000000

    16世紀のスウェーデン王、アドルフ・フレドリクは、食べ過ぎが原因で亡くなりました。彼の豪勢な食事は脳卒中を引き起こし、予期せぬ形で突然死んでしまったのです。

 - SNSで話題, 画像 , ,