What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

仲良し夫婦はここが違う!学術的に見た、結婚生活が上手くいく4つのポイント

   

離婚する夫婦としない夫婦、何が違う?

a0002_004012

日本では結婚した夫婦の約3割が離婚しているというデータがあります。一方離婚先進国のアメリカでは約5割のカップルが離婚します。

結婚とは好きになったもの同士が永遠の愛を誓った末に結ばれる契約のはずなのに、やはりどの国でもカップルの一定数は離婚という結末を迎えてしまいます。

しかし逆に考えれば、残りの一定数のカップルは離婚せずに結婚生活がうまくいくわけです。では離婚するカップルとしないカップル、どんなところが違うのでしょうか?今回の記事は学術的な見地から、離婚しないカップルの特徴をまとめてみたいと思います。

1.ニックネームは多い方がよい

スポンサーリンク

336


「まーくん」や「さっちゃん」など、カップルだけが使うお互いを呼び合うときのニックネーム。はたから見たらウザい事この上ないですが、学術雑誌「the Journal of Social and Personal Relationships」に発表された論文によると、こういった二人の間だけで通じるニックネームの数が多ければ多いほど、カップルの絆は強くなるそうです。バカップルっぽいなどと恐れずに、堂々とパートナーをあだ名で呼びましょう。

2.共通の趣味を持つ

上手くいっている夫婦には共通の趣味があります。米国デンバー大学、結婚及び家族研究センターのハワード・マークマン博士の研究によれば、趣味や遊びなどのレクリエーション活動に一緒に費やした時間が長ければ長いほど、結婚生活が上手くいく傾向にあると言います。このレクリエーション活動は、一緒に料理を作るといったささいなことでも構わないそうです。マークマン博士によると、一緒の時間を過ごすことは結婚生活を上手くいかせるための投資だそうです。

3.義実家と仲良く

結婚生活を専門に研究しているジェーン・グリアー博士によると、自分の実家と相手の義実家もて含めて自分の家族の一部だと思っている夫婦ほど離婚する確率が低いといいます。結婚したからといって実家との関係をおろそかにしてはいけません。また、義実家との関係も大事です。ただし、実家との関係が近すぎてはいけません。悲しい事やうれしいことがあった時は実家ではなく、まず最初にパートナーに報告すること。これが一番大事です。

4.夫婦はチーム

カリフォルニア大学ロスアンゼルス校で臨床心理学の教授を務めるトーマス・ブラッドブリー教授は、夫婦がチームとして機能することが結婚生活で大事だと言います。たとえばパートナーが仕事をクビになった時、あなたなら何と言いますか?結婚生活が上手くいく夫婦は決して相手を責めません。上手くいかないことがあった時は夫婦二人の問題だと捉え、二人で解決方法を探します。大事なことは、どなにつらいことがあっても、必ずパートナーは自分の味方をしてくれると信じられる関係を築くことです。

まとめ

どんなに仲の良い夫婦でも、長く結婚生活を続けていればケンカもするし、相手の嫌なところが目につくことが増えてくると思います。しかしそれでも離婚しない夫婦にはそれなりの理由があるのです。これから結婚しようとする人、また既に結婚している人は参考にしてみてください。

元記事Intelligent for your life

 - 恋愛・結婚 ,