What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

男性諸君必見!女性目線で語る、2回目のデートにOKしてもらえる方法

      2017/06/28

女性が贈る次につなげるアドバイス

a0950_000262

気になる子をやっとの思いで食事に誘ったのに、その後の進展は無し。初デートで結構盛り上がったのに2回目のデートの誘いを断られた。男性なら1度や2度(もしくは毎回)、こんな経験をしたことがありませんか?

そんな人には、独身男性の社交スキルやデートスキルに関するアドバイスをしている、デートコンサル会社「The Professional Wingman」のウェブサイトに掲載されたエッセイ、「女性目線で語る、どうしたら2回目のデートにつながるか?」が役に立つかもしれません。このエッセイは恋愛経験豊富な女性ライター、サラ・ウィリアムさんが書いています。(ちなみにWingmanとは、本来軍事用語で、自分の戦闘機と編隊を組んでいる友軍機のパイロットのことを指します。そこから転じて、ナンパや合コンなどで、目当ての女の子をゲットできるようにヘルプしてくれる友人のことを、スラングでWingmanといいます。)

1.最初のデートでの失敗を避ける

スポンサーリンク

336

当たり前の話ですが、最初のデートで女性の印象を悪くしてしまったら次はありません。女性にとって第一印象はかなり大事。女性はデート中のあなたの発言や行動は覚えていなくても、自分がどんな気分だったかはしっかり覚えているのです。デートが終わった後に女性にネガティブな印象を残せば、次のデートに誘ってもOKしてくれる確率はほとんどゼロです。

以下は、サラさん自身が体験したり、友人から聞いたりした初デートで印象が悪かった残念な男性の例です。

  • デートパターンがありきたりでつまらない。
  • 身だしなみが汚い。
  • プライベートな質問をしまくる。
  • 自分のことを喋ってばかり。
  • 泥酔する。
  • いきなり本気で口説いてくる。
  • これらのことを気を付けるだけでも、2回目につながる可能性はぐっと上がります。

    2.聞き上手はモテる。

    「女性は自分の話を聞いてくれる人が好き。」どこかで聞いたことありませんか?ここに、アメリカの名門大学、スタンフォード大学の心理学者チームが行った面白い研究結果があります。

    研究チームは、数千組にも及ぶカップルが最初のデートで交わした会話を分析し、女性にとってデートでの印象を決める一番の要因は「男性がいかに自分の話を熱心に聞いていたか」であると結論付けたのです。

    聞き上手な男性は、ルックスや収入、社会的地位が高い男性よりも好印象であったといいます。特に、相手の話に対して絶妙なタイミングで相槌を打ったり、時には同情するようなコメントをする人のポイントがかなり高かったそうです。「聞き上手はモテる。」は、科学的な裏付けがあるのです。

    しかし、決して聞いている「フリ」をしてはいけません。同じ研究グループによれば、女性は相手の声のトーンやしぐさに敏感で、もし男性がうわの空で、カラ返事や適当に相槌をしていた場合、かなりの高確率でそれを見抜くといいます。もし「フリ」がばれれば、印象は最悪。取り返すことは難しくなります。

    ということで男性の皆さん、最初のデートを2回目に結びつけたかったら、自分がいかに高収入か、自分の仕事がいかに重要かをべらべらしゃべるよりも、女性の話を一生懸命聞いてあげましょう。

    3.手の内を全部見せるな!

    女性に次も会いたい、と思わせる一つの手は、相手のことをもっと知りたいと思わせること。もし最初のデートで自分のことを全部しゃべってしまって、女性があなたのことは全部分かったという気になってしまったら、もう一度会いたいなと言う気持ちはぐっと減ります。

    そういう意味で、上に書いた「聞き上手になる」作戦は有効です。自分のことを喋るときはすべてを話さず、わざと説明不足にするくらいの方が次回につながる「謎」が残っていいかもしれません。

    4.最初のデートで2回目の約束を取り付ける

    最初のデートで会話が盛り上がり、女性が自分に対して好感を持っていると思ったら、さりげなく次に会う約束を取り付けるというのも賢いやり方です。あくまでもさりげなくです。女性はあからさまに誘われるよりも、さりげなくスマートに誘われる方が好きなのです。

    たとえば、会話の中で女性に「そういえば○○にできた新しいレストラン、行ったことある?」と聞いてみましょう。もし女性もその新しいレストランに興味がありそうなら、「まだ行ったことないから是非行ってみたい。今度一緒に行ってみよう。」と続けます。そしてデートの終り、別れ際に「さっき話してたレストラン、絶対一緒に行きたいから、後で連絡する。計画を立てよう。」と言えば、2回目のデートの約束成立です。

    次のデートまでメールはしない。

    メールよりも電話です。メールによるコミュニケーションは楽ですが、自分の感情が伝わりにくいですし、相手の反応もわかりにくい場合があります。次の約束を取り付けるときはもちろん、ただ世間話をするためだけでも電話をしましょう。親密度が増すだけでなく、女性に対して、「相手も自分のことを思ってくれている」と思わせることができ、2回目のデートにつながる可能性がぐっと上がります。

    まとめ

    アメリカには世界最大の結婚相手・恋人探しサイト「Match.com」(日本版も出来ました。→マッチ・ドットコム )を始め、真面目な出会い系サイトが多数あり、今やカップルの3人に1人はオンラインで出会うという統計があります。そのため、どうやったら素敵な人とオンラインで出会えるか、最初のデートでしてはいけないこと、2回目のデートで気を付けるべきことなどなど、いろいろなアドバイスがネット上にあふれています。

    元記事The Professional Wingmn

     - 恋愛・結婚 , ,