What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

【リアルシンデレラストーリー】ナイジェリアのパン売りの女性が人気ラッパーのインスタ写真に偶然映ったことがきっかけでプロモデルになる

      2016/02/17

一日20ドルを売り上げるパン売りの女性の生活が一変

パンを売り歩いていたナイジェリアの女性が、一晩でプロモデルに大変身したというリアルシンデレラストーリーがアメリカのメディアやSNSで取り上げられ、話題になっています。

この物語の主役はナイジェリア人で、2人の子を持つ母親であるジュモコ・オリサグナ(Jumoke Orisaguna)さんです。ジュモコさんはナイジェリアの南西に位置する街、ロゴスで毎日パンを売り歩く生活をしていました。

もともとは近隣の田舎町に住んでいましたが、パンを売るために旦那さんと子供を家に残し、都会であるロゴスまで出稼ぎに来ていたのです。彼女が午後2:30から午後11:00までパンを売り歩いて、売り上げは一日$20ほどでした。そしてそこから得られる利益は$1です。

ところがこの生活がとある偶然の出来事がきっかけで一変します。

スポンサーリンク

336

ロゴスにやってきたイギリスの人気ラッパー

ロンドン出身で、イギリスの人気ラッパーとして活躍するタイニー・テンパーさんは、その日両親の出身地であるナイジェリアを訪れていました。

1
イギリス人ラッパーのタイニー・テンパーさん

テンパーさんはナイジェリアに着くと、同国でシンガーソングライター兼フォトグラファーとして活躍しているタイ・ベロ(TY・Bello)さんと行動を共にしました。ベロさんはテンパーさんのナイジェリアでの様子を写真に撮り、自身のInstagramに次々とアップして行きました。

TY-Bello
シンガーソングライター兼フォトグラファーのタイ・ベロさん

そして二人はロゴスへやってきました。フォトグラファーのベロさんは、テンパーさんと現地の人々の様子を写真に収めたいと思い、次々と写真を撮っていきました。その中の一枚がこちらです。

0

TY Belloインスタグラム

モデル顔負けのパン売り探し

この写真がベロさんのInstagramアカウントにアップされると、ベロさんやテンパーさんのファンは皆、最初はこのパンを頭に乗せた女性のことをモデルだと思っていました。しかし実際は現地でパンを売り歩いている素人のパン売りで、偶然通りかかっただけだと説明しても、誰も信じようとしませんでした。ベロさんは言います。

「もしみんながこの女性をモデルだと勘違いするんだったら、たぶんこの人はモデルになるべき女性だったんです。」

そこからこの”美しいパン売りの女性”の正体探しが始まります。ネット民たちが総力を挙げて探した結果、この女性はパン売りのジュモコ・オリサグナさんだと判明します。

ベロさんとジュモコさんの二人は後日ナイジェリアで再開し、ベロさんが今度は正式にジュモコさんをモデルとして写真を撮影します。そしてその時の写真はナイジェリアの国内雑誌「This Day Style」の表紙を飾ります。

This Day Styleの表紙を飾ったジュモコさん

2
TY Belloインスタグラム

そして話はこれだけでは終わりません。この話を聞きつけたプロのモデル事務所「Few Models Management」がジュモコさんと正式に専属モデルとしての契約を交わしたのです。

プロモデル事務所、Few Models Managementと契約を交わしたジュモコさん

3
FEWMODELSインスタグラム

ベロさんは言います。

「このシンデレラストーリーは夢を持つ人々の”つながり”によって実現しました。今私の国はとても困難な状況にあります。みんなこうしたシンデレラストーリーを夢見ているのです。そんななか、人々のつながりで生まれたこの話は本当に素敵だと思います。」

ジュモコさんはこのことがきっかけで現在奨学金を獲得し、大学進学予定だといいます。そして彼女の2人の子供が大きくなるまで金銭的な援助を受けられることも決定しました。ソーシャルメディアが作り出したこの現代のシンデレラストーリー。とても素敵ですね。

元記事CNN

 - SNSで話題, ニュース , ,