What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

超簡単!減量したい人に贈る、シンプルな食事アドバイス3つ

      2016/01/15

太らない食事とは?

a0002_008100

減量には運動よりも食事が重要であることは以前の記事で書きました。では具体的に、食事に関してどのようなことに気を付ければ太らないのでしょうか?アメリカでベストセラーとなった、「The 150 Healthiest Foods on Earth(地球上でもっとも健康的な150の食べ物)」の著者、ジョニー・ボーデン博士が、「健康的で太らないための食事」に関する非常にシンプルなアドバイスを3つ教えてくれました。

脂肪を恐れるな!

スポンサーリンク

336

ダイエットの大敵とされる脂肪ですが、実はしっかりとカロリー計算された食事を続けている限り脂肪をたくさん摂っても、燃焼されるだけで太りません。むしろ脂肪を含む食事はダイエットにとって良いことがたくさんあります。

ある研究によると、脂肪を50%含むカロリー計算された食事は、低脂肪ダイエット食と同じくらい体重減少効果があったそうです。脂肪は体積が大きいため、少量で満腹感が得られます。また人間は脂肪を含む食べ物をおいしいと感じやすいため、少量食べただけで満足感がたくさん得られるといいます。これらの理由により、脂肪を含む食事の方が食べる量が減る傾向があるのだそうです。

ということで、脂肪をどれだけ食べたか気にするよりも、トータルのカロリー摂取量をコントロールする方がはるかに重要なのです。しかしここで言う脂肪は、フライドポテトやハンバーガーなどに含まれる脂肪ではありません。脂肪の”質”も重要なのです。肉類、乳製品、ナッツ、アボカド、オリーブオイルなどの加工されていない食品に含まれる脂肪は「良い脂肪」です。これらを積極的に摂るようにしましょう。

自分で料理をする

自分で料理する回数が増えれば、それだけカロリー高めの外食を利用する機会が減ります。アメリカ農水省のデータによると、外食をした日はしない日に比べて平均で1日の摂取カロリーが500kcalも多いそうです。

とは言っても、料理をあまりしない人や、何を作っていいかわからない人も多いと思います。そんな人たちのために、栄養士が考えたレシピと、そのレシピ通りの食材を配達してくれるとても便利なサービスがあります。

【ヨシケイお試しキャンペーン】簡単レシピでバランスごはん♪

さらには既に調理されたおかずメニューを宅配してくれるサービスまであります。外食レストランと違って、これらのメニューはすべて手作りで、しっかりと塩分、カロリーを計算してあるので安心です。

仕事と家事が忙しいという共働きの方にオススメ。

カロリー・塩分をコントロールした宅配弁当《おまかせ健康三彩》

砂糖が入っている食品を使わない

お菓子やジュースはもちろんのこと、レトルト食品などにも含まれる「加糖」。これは食品に甘みを付ける目的で加えられている砂糖のことです。一般的な人はこの加糖をだいたい1日100g摂取しているといいます。これは約350kcalに相当します。これだけのカロリーを含んでいるにもかかららず、実際はただの砂糖なので、あまりお腹が膨れません。結果お腹が空いて、全体として食べる量が増えてしまうのです。

同じ350kcalを摂取するなら、果物がおススメ。リンゴなら2個半、ももなら4個、オレンジならなんと6個も食べられます。果物は食物繊維が豊富なだけでなく、ビタミン類や抗酸化物質など、体にいい成分が満載です。

元記事Intelligent for your life

 - 健康・美容・ダイエット , ,