What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

コーヒーには体にいことがいっぱい!コーヒーの”正しい飲み方”を知って、コーヒーパワーを最大限に生かそう!

   

コーヒーの正しい飲み方

やっぱり朝は眠気覚ましのコーヒー1杯から!という方は多いですよね。実はそれ、「正しい」コーヒーの飲み方ではありません!

何故なら人間の体はもともと、午前8時から午前9時の間に眠気覚ましの天然ホルモンがたくさん分泌されるように作られているからです。そのホルモンはコルチゾールといって、ストレスに反応して分泌量が増えるため別名ストレスホルモンとも言われています。

このコルチゾール分泌がピークを迎えるのが午前8時から9時の間です。しかしその間にコーヒーの中に含まれるカフェインを摂取してしまうと、体が「カフェインがあるから別にコルチゾール出さなくてもいいや」と勝手に勘違いをして、分泌量が減ってしまいます。すると、コーヒーなしでは眠気が覚めない体になってしまうのです。

このようにコーヒーの飲み方には意外に知られていない事実がいくつかあります。最近の科学研究から、コーヒーには様々なすばらしい効能があることが分かってきました。その効能を最大限に生かすには、コーヒーの「正しい飲み方」を知る必要があります。今回の記事ではコーヒー好きに送る、コーヒーの真実と正しい飲み方知識をお送りします!

スポンサーリンク

336

1.コーヒーを飲む時間には決まりがある

冒頭でもお伝えしましたが、私たちの体はもともと眠気覚ましの天然ホルモン、コルチゾールが分泌されるように出来ています。このホルモンは午前8時から9時の他、午後12時から午後1時、午後5時半から午後6時半に分泌ピークを迎えます。つまり、コーヒーのカフェインが最も眠気覚ましの効果を発揮するのはこの間、午前10時―午後12時午後1時―午後5時半ということになります。コーヒーを飲むのはこの時間帯にしましょう。特に朝起きてすぐにコーヒーを飲みたくなる人は、すでにカフェインなしでは起きられない体になっています。頑張って10時くらいまでコーヒーを我慢しましょう!

2.カフェインの含有量を知る

カフェインは摂りすぎると動悸、神経過敏、胃痛、震え、睡眠障害など中毒症状を起こす可能性があります。1日に摂取してよい安全な量は、大人で400㎎です。興味深いことに男性の方が女性よりもカフェインに対する反応性が高いことが分かっています。ということで男性はより飲みすぎに注意です!ちなみにインスタントコーヒー1杯には65-100㎎、ドリップコーヒー1杯には115-175㎎、エスプレッソは1杯100㎎のカフェインが含まれています。注意しなければならないのは、カフェインを含む飲み物はコーヒーだけではないということです。例えばコーラの缶1本には44㎎のカフェインが含まれています。

3.記憶力を向上させるには?

コーヒーには記憶力を向上させる効能があることが分かっています。しかし効果があるのは、何かを覚えた「」にコーヒーを飲んだ時で、「前」ではありません。ということでこの記事を読んだ後でコーヒーを飲んで、正しいコーヒーの飲み方をバッチリ覚えてください。

4.昼寝と組み合わせて効果倍増

コーヒーを眠気覚ましに飲む人も多いと思います。カフェインは効き目が出るまでに30分かかります。ですから「あ、眠くなってきたな。」と思ったらコーヒーを飲んで30分昼寝をしましょう。最近の科学研究によると、コーヒーを飲んで30分昼寝をするのは眠気覚ましの最高のコンビネーションだそうです。コーヒーだけ、昼寝だけよりもはるかに効果的だといいます。

5.よいアイディアを思いつきたかったらコーヒーショップへGo!

コーヒーには仕事の効率を高める効果がありますが、クリエイティビティ―が向上するという科学的証拠は今のところありません。しかし面白いことに、コーヒーショップや街のカフェなど、適当に雑音があるところで仕事をする方がクリエイティビティ―が向上するという研究結果があります。ということで、良いアイディアが思い浮かばないときはカフェでコーヒーを飲みながら考えると、すばらしいひらめきがあるかもしれません。スタバでMacbook Airを開いている人はきっとそのことを知っています。

6.エクササイズにも効果あり

コーヒーには運動パフォーマンスを向上させる効果があります。カフェインはエネルギー源として脂肪を燃焼させる効果があり、持久力が増します。そしてこの効果は数時間続きます。またカフェインには脳内麻薬のエンドルフィン量を増量させる働きがあり、モチベーションがあがります。ダイエットのためにジムに行くぞ!という人は運動前1時間くらいにコーヒーを飲むとよいです。

コーヒーにはいいことがいっぱい!

以上が、意外に知られていないコーヒーの事実と正しい飲み方です。最近の研究で、コーヒーをよく飲んでいる人は、心臓病、脳卒中、糖尿病、自殺、神経変性病(アルツハイマー病など)で死亡するリスクが低いことが分かっています。しかし、ポイント2でお伝えしたように飲みすぎは禁物。またコーヒーにミルクや砂糖を加えるという人は、余分な糖分、脂肪を摂取してしまう可能性があり、せっかくのコーヒーの効能がむしろマイナスになりかねません。コーヒーが苦くて飲めないという人は動物性のミルクではなく、植物性のミルク(アーモンドミルクや豆乳)を使うようにしましょう。

せっかく飲むならうまいコーヒーを飲もう!

このように体にいいことがたくさんあるコーヒーですが、せっかく飲むならおいしいコーヒーがいいですよね。ネットで日本全国、または世界各国の本当においしいコーヒーをお取り寄せできます。
自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー

世界中の厳選コーヒー

創業80年【キャラバン コーヒー】ウェブ通販ショップ

元記事Art of Wellbeing

 - 健康・美容・ダイエット ,