What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

原因不明の体重増加?それ、実は寝不足が原因かもしれません

      2016/01/15

寝不足はダイエットの大敵

運動不足だったり、暴飲暴食を繰り返したり、というわけではないのに、何故か最近体重が増えて来ている、という人はいませんか?それ実は、「睡眠不足」が原因かもしれません。

最近の医学研究から、睡眠不足が人の心と体にどのように悪影響を及ぼすか、次々と明らかになっていますが、その中の一つが体重増加だというのです。

米国コロラド大学で行われた最新実験によると、健康なボランティアの男女に一日5時間睡眠を続けてもらうと、一週間もしないうちに約1キロの体重増加が見られた、といいます。この研究を率いたコロラド大学のケン・ライト教授によれば、睡眠不足による体重増加には、主に3つの原因があると言います。

1.基礎代謝が下がる

スポンサーリンク

336

睡眠不足になると日中に疲れが出ることから、体はそれ以上疲れないように、省エネモードに入ります。たとえば呼吸や血流など、基礎代謝を調整する機能を押さえ、無駄なエネルギーをなるべく使わないようにするのです。

実は、人間の一日の消費カロリーの大半は、こういった基礎代謝に使われているため、省エネモードの基礎代謝になると必然的に消費カロリーが減ってしまうのです。

2.お腹が空く

睡眠不足になると、”コルチゾール”と呼ばれるホルモンの分泌量が増えることが分かっています。コルチゾールは、ストレスを感じると分泌が増えるので、別名ストレスホルモンとも言われていて、食欲を増加させる働きがあります。

また、このホルモンの分泌量は通常、お昼頃ピークを迎え、夜なるにつれて減るように制御されています。このステムによって、私たちの体は基礎代謝能が高い日中にたくさん食べ、基礎代謝の落ちる夜間はあまり食べないように出来ているのです。

しかし睡眠不足になるとこのパターンが崩れ、夜によくお腹が空くようになってしまいます。結果、基礎代謝の落ちる夜間に間食しやすくなってしまい、太ってしまうのです。

3.食べ物の好みが変わる

最近の研究によると、睡眠不足の人は食べ物の好みも変わるといます。寝不足の人は、ポテトチップスなどのしょっぱいお菓子や、砂糖たっぷりの甘いお菓子を多く食べる傾向にあるといいます。ポテチやケーキが太る原因になることはわかっているのですが、寝不足で疲れていると、その”甘い誘惑”に打ち勝つ力が不足してしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?上に示したように、寝不足は基礎代謝が落ちるうえ、高カロリー食をたくさん食べたくなるなど、ダイエットの大敵といえます。

「もちろん、我々の研究結果は、毎日たっぷり寝れば、魔法のように痩せられる、という意味ではありません。」とライト教授はいいます。「しかし一日7から8時間しっかり眠ることで、体の基礎代謝能を高め、より太りにくい体になるのです。」

元記事Intelligent for your life

 - 健康・美容・ダイエット , ,