What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

アメリカ版カタカナ語?アメリカの職場で使うとイラッとされるビジネス・バズワードとは?

   

人によってはイラッとする、ビジネスの場でよく使われているカタカナ語。巷の社会人男性にアンケートを取ると、以下のような語がイラッと来るようです。

20~30代の社会人男性200人に聞いた、「日本語で言えばいいのに…」と思うカタカナビジネス用語TOP10

1位 コミットメント(約束、集中する) 149pt

2位 ユーザー(利用者、消費者) 125pt

3位 エビデンス(証拠、確証) 92pt

4位 スペック(能力、性能) 87pt

5位 アジェンダ(議題、課題) 67pt

6位 コンセンサス(合意) 58pt

7位 フィックス(決定) 53pt

8位 ジャストアイディア(思いつき) 42pt

9位 シェア(共有) 41pt

10位 ペンディング(保留、中止) 33pt

出典:日本語で言え!不快カタカナ語1位

昔はみんな日本語で言っていたのに、最近何故かよく使われるようになって、いつの間にか市民権を得ていたカタカナ・ビジネス用語。あまりにも使われたため、陳腐化してしまって、さらには人をイラつかせるまでになってしまいました。

実はアメリカのビジネス現場にもこれと似たような現象があるのです。今回のアジェンダ(議題)はアメリカ・ビジネスシーンでオーバーユース(使用過多)されてしまっているためにミーニングレス(陳腐化)になってしまったバズワード(流行語)をシェアしてみたいと思います。

アメリカ版カタカナ語はコレだ!

スポンサーリンク

336

ある業界で流行っている言葉を英語で”Buzzword(バズワード)“と言い、ビジネス業界で使われるバズワードはBusiness Buzzword(ビジネス・バズワード)と言います。そしてアメリカにも日本のカタカナ語のように、使うと胡散臭く聞こえたり他人をムカつかせたりするバズワードがたくさんあります。もちろんアメリカですのでカタカナ語ではなく、そのままズバリ英語なのですが、なんか胡散臭い、他人をイラッとさせるから使わない方がいいという境遇はカタカナ語と同じ。

では、アメリカ、カナダの会社で働く600人以上のビジネスパーソンたちへのアンケートをもとにした、ムカつくビジネス・バズワードをいくつかご覧ください。

  • Synergy(相乗効果)
  • Leverage(名詞:てこの作用、動詞:てこ入れする)
  • Dynamic(ダイナミックな、動的な)
  • Win-win(ウィン―ウィン、どちらにも利益がある)
  • At the end of the day(結局は、最終的には)
  • Circle back(とある議題にしばらく時間をおいて戻る)
  • Think outside the box(既成概念を取り払って考える)
  • Deep dive(深くのめりこむ、熱中する)
  • Pick your brain(君の知恵を借りる)
  • Value-added(付加価値のついた)
  • 出典:Business News Daily

    いかがですか?この中からカタカナ語として日本のオフィスで使われる言葉が出てくるかもしれませんね。

    人々がビジネス・バズワードを使う理由

    カタカナ語でもビジネス・バズワードでも同じですが、もはや胡散臭いのになぜ未だに使う人がたくさんいるのでしょうか?アメリカニューヨーク州のホフストラ大学で言語学を教えるロバート・レオナード氏によれば、人々が同じ言葉を繰り返し使いたがるのは、ビジネスの世界に調和しようとしている表れだそうです。

    人間は潜在的に「他人に受け入れられたい」という欲求を持っています。レオナード氏は、ビジネス・バズワードはこの潜在的欲求から生まれていると指摘します。

    これは、ギャルがいつの時代も意味の分からないギャル語をばかりを使いたがるのと同じ原理です。特定のグループで流行っている言葉を使うことで、自分がそのグループに属しているということをアピールしているのです。つまりビジネス・バズワードもカタカナ語も、ギャル語も、それが一番意味が通りやすいから使われているのではなく、自分がそのグループの「中の人」ですよと主張するために使われているのです。

    これを示すいい例があります。ビジネスに特化したSNSサイトLinkedin(リンクトイン)が最近公表した「利用者のプロフィールに最もよく使われている言葉リスト」には、さきほど紹介した他人をイラつかせるビジネス・バズワード(Dynamic、Synergyなど)が多く含まれています。

    しかし、よく考えると「I’m a dynamic worker」とプロフィールに記してあっても、Dynamicなどという言葉は抽象的で、人によってとらえ方が全く違い、大したアピールになると思えません。しかしレオナード氏によると、「Dynamic」という言葉を使うことによって、「私はビジネスの世界でよく使われている言葉を知っていますよ。」とアピールしていることになり、就職には潜在的に有利になるというのです。

    まとめ

    このように人がカナカナ語を使うのには深い理由があるのです。みなさんも上司や同僚がカタカナ語を使っていてもイラッとせずに、「この人はみんなに受け入れてもらいたくて愛に飢えているんだな。」と温かい目で見守ってあげましょう。また就職したての新社会人や転職組は、もし新しい職場でみながわけのわからない言葉を使っていたら積極的に真似をしましょう。そうすれば早く溶け込めるかもしれません。

    元記事Intelligent for your life

     - 仕事・キャリア, 英語 , ,