What's New!?

海外で話題のニュース・英語圏SNSでシェアされてるトピック・英語ソースの生活役立ち情報、英語学習に関する話題、その他いろいろをアメリカ在住の著者がお届け

*

臨床心理学者が教える、感情が爆発してブチ切れている人を上手くなだめる効果的な方法

   

ブチ切れている人を上手になだめる方法

スポンサーリンク

336


あなたのそばに、すぐに感情的になってキレちゃう人いませんか?家族、友人、同僚、恋人などなど、身近に我を忘れてすぐキレちゃう人がいると、毎回彼ら・彼女らをなだめるのに苦労しますよね。世の中の人がみんなもっと冷静で、穏やかな人たちばかりだったら、人間関係がもっと楽になるのに。。。

しかし大人になって社会に出ると、さまざまなタイプの人と付き合わなくてはならず、感情的でキレやすい人との付き合いも避けては通れません。何かそいうキレている人をなだめる、うまい方法ってないものなのでしょうか?

そんな人たちへおすすめ、臨床心理学の専門家たちが教えてくれる「ブチ切れている人を上手くなだめる方法」をご紹介します。
-shared-img-thumb-LIG86_konnakaisyayameteyaruwa_TP_V

1.ゆっくり話すよう優しく諭す

「お願いだからもう少しゆっくり話してごらん。助けになってあげられるから。」と優しく諭してみましょう。キレている人は大抵早口でまくしたてますが、問題はそこではありません。キレている人は自分でも制御できないくらいに大声で叫んでいたり、金切り声をあげたりして我を忘れていることが多いので、まずは自分を取り戻させてあげる必要があります。

また、ブチ切れている人は相手を敵だとみなしています。そこで、”私はあたなの話を聞きたいんだ”という気持ちを相手に示し、”私はあなたの味方だよ、あなたの話に興味があるんだよ”と思わせることが効果的なのです。

2.どうしてほしいかを聞く

相手にどうしてほしいのかを優しく尋ねましょう。これが効果的な理由は上の1番と同様です。ブチ切れモードから少しでも冷静になってもらうことを目的としています。とにかく怒りが爆発して感情的になっている人は自分の頭で考えることが出来ていないので、そのままの状態で議論しても無駄なのです。

3.質問をする

ブチ切れている人がどんなにわけのわからないことを言っていても、それを指摘してはいけません。たとえその人が「俺はジョンレノンの生まれ変わりだ!」と叫んでいても、絶対に否定してはいけません。

感情的な患者を日々相手にしている臨床心理学者たちによると、キレている人に絶対してはいけないことは「説明する」ことだそうです。相手がどんなに理不尽なことを言っているか、何故間違っているのか、いかにあなたの方が正しいのかを説明しても火に油を注ぐだけで何の解決にもなりません。

先のジョンレノンの例で言えば「そもそもあなたが生まれた時にはジョンレノンはまだ生きていた!」と指摘しても、ことを荒立てるだけ。ではどうすればいいかと言えば、質問する」のがおすすめだそう。

(あくまでも例えばですが)「何でジョンレノンの生まれ変わりだと思うの?」「オノヨーコとの生活はどうだった?」 など、相手が言っていることに関係ある質問をすることで相手がブチキレモードから考えモードへスイッチし、少し冷静になる機会が生まれます。相手が冷静になれば問題解決の近道です。

まとめ

上で述べたポイント1、2、3、を見ればわかるように、ブチ切れた人を相手にするには、「いかに相手が冷静になるように仕向けるか」が大事なことが分かります。感情が爆発している人を見たらまずは自分が冷静になり、相手を落ち着かせることに全力を注ぎましょう。問題を解決するのはそれからです。

元記事>The Muse

 - 仕事・キャリア, 健康・美容・ダイエット , ,